海外FX投資を始める前に読みたい【書籍紹介】FX投資でコテンパンに負け続け、・・・・

   

こんにちは、kanatoです。
3連休の真ん中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近ブログを再開するにあたって、以前のブログを見返していたのですが、使えるものは使ってしまおうということで、書籍紹介の記事をリライトして、改めてご紹介してみようと思います。

海外FXを始める前や情報商材を買う前に読んでおきたい

さて、本日はこの一冊をご紹介したいと思います。
「FX投資でコテンパンに負け続け、詐欺にもあって辛酸をなめた男が海外ファンドで大逆転を遂げることができた本当の理由」という長いタイトルの本です。

<出版社からのコメント>
なぜプロ投資家の書いた本がわかりにくいのだろう。なぜ書かれた理屈どおりに儲からないのだろう。この世界、一握りの関係者だけが儲かっているような印象がどうしても拭いきれない。専門知識と経験の乏しい一般投資家は、それこそ「カモ」なのだろうか。本書の著者は投資弱者として闘ってきた7年間の実体験を通して、一般投資家の目線で書かれた、読者の多くが共感できる一冊に仕上がった。

初版が2012年12月25日で、私もFX投資を開始して少し経った頃に当時の新刊で購入して、確かお正月に実家で読みましたが、その時分でも「自分もこんなことがあったなぁ」と思った記憶があります。

そんな初期の頃でもそんなふうに思えるほど私もコテンパン(?)にされていたことに、今思うと情けなくなりますが、やはり誰しも少しは通る道なのではないかと思います。そんな時に少しでもこのような情報を入れておくと被害が少なくて済みそうですね。

ちなみに、昨年末の本棚の整理中についつい読み返してしまいました。6年半経った今では少し状況も変わってきましたが、大きな違和感なく読めました。

「これが勝てる手法だ!!」と言ったことはあまり書かれていませんが、他の人が書籍では書きにくいと思われるFX投資(特にEAや情報商材等を使ったもの)の負の部分を実体験を元に色々と書かれているのが印象的でした。(特に自動売買システム販売の詐欺会社や情報商材会社に就職したお話などは初めての人にとっては結構衝撃的です.)

また、私自身は海外ファンドをおすすめするわけでは全然ないのですが、これからFX投資や仮想通貨投資を始めるという方やEAや情報商材を買おうかなと思われている方々には、正統な投資の勉強の反対側で、このような言うなれば不必要な部分(詐欺など)で資金を減らさないような知識を付けておくことも必要だと思い、今回紹介させていただきました.

さいごに

ということで、今回は「FX投資でコテンパンに負け続け、詐欺にもあって辛酸をなめた男が海外ファンドで大逆転を遂げることができた本当の理由」をご紹介しました。結構前の本なのにAmazonでも紙書籍が手に入るようですね。残りは少ないですが・・・。少し内容は古いと思いますが、読みやすい本ですので、読み物感覚でも楽しめると思います。

ちなみに著者さんは今では海外移住もされて、充実した生活をされているみたいですね。時々ブログを拝見しています。

初心者さんは機会がありましたら是非読んでみてください。

 - 書籍紹介