ウイスキー投資の実績をご紹介(2020年2月29日)

こんにちは、kanatoです。

2/26の夜からの急な発熱で少しお休みしておりました。そのおかげで更新もストップです。病名は急性前立腺炎で膀胱炎の進行形みたいな感じだそうです。泌尿器科にお世話になるのは本当に小さい時以来ですし、これほどトイレに行くことが怖くなるとは・・・。

さて、今回はウイスキー投資の実績をご紹介したいと思います。

WhiskyInvestDirect

現在の状況(2020年2月29日)

現在の状況はこんな感じです。利益が少し下がってしまいましたね。最近のコロナウイルスの影響を受けているのでしょう。また、ようやく追加資金を送金できたのでOverall valuationが2000ポンド程度上昇しています。30万円程度を日本円で入金して、新生GoレミットでGBPに両替して送金しています。

今年の推移

次にウイスキー投資の推移表です。

前回からは280GBP程度利益が削られる結果になりました。最近のマーケットを見ているとなんでも間でも下がっているような印象ですね。まあ、致し方のないところだと思います。ただ、継続的に投資は続けていきたいと思います。ちなみに今回は30万円で2040.40ポンドを送金して、着金分が2033.40ポンドになっていました。7ポンド分が中継銀行などで取られていったんですね。

また、今回の追加投資分の使い道ですが、先日「Pre-order new 2020 Q1 whiskies…」の連絡が来て、その銘柄の中にあの「Caol Ila」の2020 Q1ストックが含まれていたので、ほとんどそれに使ってしまうことになりそうです。人気銘柄なので買えるかどうかわかりませんが・・・。

さいごに

ということで、今回も簡単ですが、ウイスキー投資の実績をご紹介しました。ようやく1回目の資金を入金することができました。送金の際にはちょっとしたトラブルもあったんですが、WhiskyInvestDirectの日本語サポートの方が適切に対応してくれて、無事着金できました。これについては別の記事でご紹介したいと思います。何にせよ1回目の入金が完了ということ。私の使っている送金サービス「新生Goレミット」だと年間120万円まで、月間30万円までしか送金できないようなので、今後、どのような頻度で送金していくか要検討です。

WhiskyInvestDirect