トライオートETF/FXの実績をご紹介(2020年7月23日)

こんばんは、kanatoです。

今回はトライオートETFとトライオートFXの実績をご紹介したいと思います。

トライオートETF

現在の状況(2020年7月23日)

完全にほったらかし状態です。まあ、それがトライオートのいいところではあるのですが、今後どうしていくかちょっと考えないといけませんね。自動売買システムの見直しとか、MSCIワールドなどもほったらかしですので…。あと、トライオートFXと同じようにシステムのリニューアルなんかがあるのかもしれませんね。タイミングとしてはその時でしょうか。

推移表

今回から年初来での損益を出してみたのですが、結構ひどいものですね。3月のコロナショックでやられてしまった分がかなり響いています。SPDRゴールドでそれなりに取り返してきてはいるのですが、まだまだ先は遠いですね。

トライオートETF

トライオートFX

現在の状況(2020年7月23日)

トライオートFXの方はシステムがリニューアルしましたね。私にとってはスワップの合計がわからなくなったり不都合な面が増えただけでしたが・・・

現状は完全に寝かしている状態です。ランド円が回復してきたので、ある程度余裕は出てきました。しばらくは現状維持なのか、それとも積極的にシステムを追加していくのか・・・悩みどころです。

推移表

こちらも年初来からの損益を出してみました。まあ、こちらもひどい状況ですね。ただ、こちらはスワップ分の収入がありますので、耐え続けていればいつかはプラスになるのではないかと思っていますが、どうでしょうね?

トライオート

最後に

トライオートETFもトライオートFXも回復基調にはなっているのですが、やはりコロナショックのマイナス分が大きいですね。今年中にその分を取り戻せたら御の字といったところでしょう。