2019年を振り返る:自身にとってどんな年だったのか?

こんばんは、kanatoです。

2019年ももう終わりですね。そろそろ紅白歌合戦が始まる頃でしょうか。

さて、皆様にとって2019年はどんな年だったのでしょうか?こんな時じゃないと振り返りなんてしないので、個人的な1年の振り返りをしておきたいと思います。

2019年の投資関係の振り返り

投資関係でいうと、年初はいきなりフラッシュクラッシュから始まったのではないでしょうか?これで損失を被った方も多くいらっしゃったのではないかと思います。特にスワップ狙いのキャリートレードをされていた方にはつらい年始になったのではないかと思います。私自身はポジションがあまり大きくなかったことから大きな影響は受けなかったのですが、かなり怖い思いをしました。

そのあとも株式相場ではサンバイオ・ショックがあり、マザーズ市場で時価総額首位を走っていたサンバイオの株価が最高値12000円付近から3000円付近までと、およそ1/4くらいまで暴落しました。原因は臨床試験結果があまり良くなかったための失望売りだったと思いますが、信用取引の2階建てでサンバイオを購入していた投資家からは悲鳴が上がりました。私はサンバイオ株や関連株を保有してはいなかったのですが、一時その関連銘柄を保有していたことがあったので、その関係で職場の株好きと話題になっていました。

そんなこともありましたが、国内の株式相場はそこそこ堅調だったと思います。夏ころまでは煮え切らない相場でしたが、秋頃から上昇を始めて、年末には24000円に迫るまでに成長しています。一応私のポートフォリオも一部にその恩恵を受けていますので、ありがたい限りです。これで消費増税がなければ、もっとよかったのですが・・・。

個人的な2019年投資のトピックス

なんだか趣旨がずれてきたので、個人的なお話に戻したいと思います。私自身の2019年の投資関係の振り返りはこんな感じです。

  • スワップアービトラージはそこそこ堅調で今年もメインの収益源になってくれました。(来年はわかりませんが・・・)
  • スワップアービトラージが密かに話題になっていそうだったので、その時の時流に乗って「スワップアービトラージの教科書」をnoteで書いてみた。高額にも関わらず、少しの方にご購入いただけました。
  • FXのEA運用は大失敗。口座を5つくらい吹っ飛ばす。トータルすると損失は100万円を超えるのではないかと・・・。
  • 個別の国内株式はダブルバガーを二つくらい当てて、現在も保有中。ちなみに特定口座扱いだが、NISA枠で購入した株式は軒並み値下がり・・・。
  • 単元未満株に手を出す。優待利回り狙いだったが、あまり使いどころがなさそうな優待を色々といただいてしまう。とりあえず郵送物は激増しました。
  • スワップキャリートレードやユーロ・ズロチのサヤ取り、VIX投資など流行りもの(?)に少額で手を出す。その後は出しっぱなし。
  • 米国株の継続増配銘柄に心を奪われ、米国株投資に手を出す。最初は含み損だったが、ようやくプラスに転じる。
  • 資産管理でMoneyForwardを使い始める。連携数が多くて、これからの資産管理を効率的に進められそう。課金する価値はあると判断。

う~ん、なんだか忘れていることも多くありそうな気がします。

さいごに

ということで、今回は2019年最後ということで、個人的な投資関係の振り返りをしてみました。投資以外のところでは、本業で部署の異動や昇進があったり、色々とイベント的なこともありました。今にして思うと、「あのとき、こうしていればよかったなぁ・・・」といったことが山のように出てきてしまいます。それらも来年に生かせればよいと思います。

皆様にとって、2019年はどんな年だったでしょうか。2020年も皆様にとって良い年になることをおいのりしております。

それでは、1年間色々とお世話になりました。皆様もよいお年をお迎えください。