スワップキャリートレードの実績をご紹介(2020年9月26日)

こんばんは、kanatoです。

今回はスワップキャリートレードの実績をご紹介したいと思います。それにしても、なんだかひどいものですね。

FX取引ならヒロセ通商へ

現在の状況(2020年9月26日)

現在の状況はこんな感じです。

口座状況

資金の追加は特にありません。全然代わり映えはしないですね。まだまだ大きな含み損を抱えております。トルコリラは利上げがあったので、一時持ち直したかに見えましたが、すぐに戻ってきてしまいましたね・・・。

通貨ペア 業者名 口座残高 含み損益 有効証拠金
ZARJPY(ランド円自分年金戦略) Forex.com Japan ¥1,022,223 ¥-632,258 ¥389,965
ZARJPY SBI FXトレード ¥95,954 ¥-9,260 ¥86,694
MXNJPY ヒロセ通商 ¥200,000 ¥-31,026 ¥168,974
TRYJPY マネーパートナーズ ¥200,000 ¥-97,278 ¥102,722

ポジション状況

ポジションの方は前回から変わりありません。というか、怖くて触れませんでした。まあ、忘れていましたけどね・・・。

通貨ペア 業者名 ポジション
ZARJPY(ランド円自分年金戦略) Forex.com Japan 2.31ロット
ZARJPY SBI FXトレード 20000通貨単位
MXNJPY ヒロセ通商 4ロット(40000通貨単位)
TRYJPY マネーパートナーズ 20000通貨単位(nano口座)

今年の推移

スワップキャリートレードの推移表です。

まあ、強制ロスカットはないと思いますが、それにしてもひどい状況です。

マネーパートナーズ

さいごに

ということで、今回はスワップキャリートレードの実績をご紹介しました。

まだまだ余力はあるのですが、これをこのまま続けていいものか…悩みどころですね。さて、どこまで突っ込んで言ったら良いのか。