今年の投資方針2020:(2)ロボアドバイザー投信の積立

2020年1月26日

こんばんは、kanatoです。

今回はNISA以外の積立投資の方針をご紹介したいと思います。

案件が複数ありますので、分けてご紹介します。

ウェルスナビ

現状(2020年1月7日現在)

ウェルスナビは順調そのものですね。この時点で10万円弱の利益、利益率でいうと15%程度出ています。

WealthNavi

今年の方針

ウェルスナビの今後の方針ですが、順調すぎて変更するのが少し怖いです。

ですので、これまで通り毎月1万円ずつの積み立てにしていく予定です。また、ボーナス時期等少しまとまった資金が手元にあって、ちょうど押し目のようなタイミングがあれば、10万円までを目途にスポットで追加購入したいと思います。

WealthNavi

TEO

現状(2020年1月7日現在)

こちらも順調ですね。ウェルスナビと比較すると始めた時期の違いから成績では負けていますが、安定していて安心感があります。

ここまでは3万円程度の利益、利益率だと約9%程度です。

THEO Color Palette

今年の方針

こちらもウェルスナビと同様に毎月1万円ずつの積立とスポットで同じように買っていこうと思います。特にTEOはウェルスナビと同額くらいまでにはしたいので、ウェルスナビよりは積極的に資金を入れていきたいと思います。

THEO Color Palette

フォリオ

現状(2020年1月7日現在)

実はやっていたフォリオのお任せ運用です。リスクレベルは上から2つ目の積極運用プラン「ジェームズ」君です。こちらは10万年から開始して追加資金を入れていないのですが、それでも10%程度の利益率が出ています。ちょっとすごいように思います。それだけ相場も上向きだったということでしょうか。

今年の方針

今後の方針ですが、これまでは10万円で放置だったので、今年は毎月1万円ずつの積立と上2つと同様にスポットで買っていこうと思います。

まあ、インデックス投資なので、他とはあまり変わらないかもしれませんが・・・。

ワンコイン投資

最後に

ということで、今回は「今年の投資方針2020」のロボアドバイザー関連をご紹介しました。

正直なところ、今は相場が上向きで成績もよいので、ほとんど調整が要らない状態なんですよね。機械的に売買をしているだけなので、成績もある程度安定していますし。

ロボアドバイザーが今後の資産形成のスタンダードになる日も近いのかもしれませんね。