3.米国株式積立投資の推移(2021年12月31日)

2022年1月9日

こんばんは、kanatoです。

今回は「3.米国株式積立投資」の2021年の実績と推移について、ご紹介していきます。

投資方針

マネックス証券の外国株式取引口座を使って、米国の連続増配株式10銘柄に分散投資しています。詳細はこちらをご参照してください。

これで2021年は初期値+追加投資額の10%以上の年間利益を期待しています。

マネックス証券

資産の推移

米国株は最後に跳ねてくれましたね。結構すごい利益になっているんじゃないでしょうか。やはり、米国企業はきっちり数字を作りに来てくれるので、上げ基調になりやすいんでしょうか。10%目標のところ、20%くらい出てくれたので、言うことなしです。通算でマイナスなのもVerizonだけですし、上出来ですね。

2022年の予定

なんだかいろいろとマイナス要因はあると思っていたのですが、ふたを開けてみると順調そのものでした。2022年も継続していこうと思っているのですが、もう少し変化がほしいなぁということで、少し銘柄の追加などもかんがえてみたいと思います。例えば、GAFAM+TANDとかどうでしょうか。

マネックス証券