2.投資信託積立(特定口座)の推移(2021年12月31日)

こんばんは、kanatoです。

今回は「2.投資信託積立(特定口座)」の現状と推移について、ご紹介していきます。

投資方針

楽天証券、さわかみ投信、マネックス証券の特定口座を使って、投資信託を積み立てていきました。詳細はこちらをご参照ください。

日本株積立で余った資金でauカブコム証券で「iFreeNEXT FANG+インデックス」という投資信託を購入していましたが、日本株投資の方をマネックス証券に変更したので、月々1万円ずつ購入することにしました。

これで2021年は初期値+追加投資額の10%以上の年間利益を期待しています。完全にうまく行けばのお話ですが・・・

楽天証券(FX)

資産の推移

2021年末までの資産の推移はこんな感じになっています。

色々なものに手を出しすぎたなと・・・(笑)。現在は足踏み状態ですね。ここからもう一段伸びてくれれば・・・と思っていたのですが、そこで足踏み。結局年間10%の利益は達成できませんでした。しかし、8.5%くらいの利益はあったので、御の字でしょう。

2022年度の予定

NISA口座の期限が来たファンドやお試し感覚で購入しているファンド、昔から続けて投資しているファンド、将来有望なファンドなど色々ごちゃまぜにしています。また、積立なので、それだけでもリスクは分散されているところも外せませんね。

この中から想定外の利益を上げてくれるものが一つでも出てくれると成功と言っていいかと思っていましたが、資産総額としては順調に増えてくれていますので、それで合格としておきたいと思います。ちなみに「ひふみプラス」が伸び悩んでいる感じです。資産規模が大きくなりすぎたのかもしれませんね。このあたりは手を入れていくかもしれません。

2022年も色々と気になったものに手を出しつつ、コツコツと積み立てていきたいと思います。

マネックス証券