今年の投資方針2020:(5)ウイスキー投資

2020年1月22日

こんにちは、kanatoです。

ようやく1週間が終わり、3連休に入りました。最初の1週間つらかったです。こんな状況を早く抜け出せるように、資産構築していきたいと思います。なんたって一番大切なものは時間ですからね。今は時間を切り売りしてお金を手に入れているような状況です。

さて、今回は「今年の投資方針2020」でウイスキー投資についてご紹介していきたいと思います。

ウイスキー投資

ウイスキーインベストダイレクトで実践しているウイスキー投資です。本ウェブサイトにいらっしゃる方の多くの方は、この関係でお越しいただいているのではないかと思います。

2016年から始めたウイスキー投資ですが、3年以上が経過し、徐々に投下資金を増やしてきましたが、今年も幾ばくかの資金を投下していきたいと思います。

WhiskyInvestDirect

現状(2020年1月11日現在)

現在のポートフォリオは次の通りです。

モルトウイスキー10に対してグレーンウイスキー1くらいの比率になっています。現金はほとんどないですね。

また、現在の利益が1600GBP程度で、利益率が12~13%といったところでしょうか。初年度はあまり資金を入れていなかったことを考えるとまずまずの利益が出ていると考えています。

なお、銘柄については結構膨大な量になるので割愛したいと思います。もしご興味があるようでしたら、ご連絡いただければ、リストをお送りしたいと思います。

今年の方針

今年の方針ですが、ウイスキー投資も少し力を入れていきたい領域ですので、今年は追加資金を投入したいと思います。およそ100万円分くらいを考えています。

  • 資金をウイスキーインベストダイレクトに送金。
  • 着金後に新しいストックラインを可能な限り購入。
  • 新しいストックラインがリリースされたら、初めの購入分を一定の割合で売却して、新しいストックラインを購入。

こんな感じの戦略で行きたいと思います。ストックラインの追加は大体10回前後、30ライン程度だと思いますので、資金1/30で1ストックラインを購入するくらいが良いかと考えています。また、「Investor reward」といった制度もありますので、今年はそちらも活用していきたいと思います。

また、海外送金には新生銀行を利用していたのですが、送金方法がGOレミット新生海外送金サービスに変更になっているらしく、そちらの手続きからです。ちょっとめんどくさいですね・・・。

最後に

今回は「今年の投資方針2020」ということで、ウイスキー投資の方針をご紹介しました。年率8%はちょっと言い過ぎかもしれませんが、年率5%くらいは余裕であるのではないかと思っています。そのあたりも今年はきちんと検証できるとよいと思っています。

WhiskyInvestDirect