【米国株】3大ネット証券の米国株取引の最低取引手数料が撤廃に

こんにちは、kanatoです。

3連休2日目、いかがお過ごしでしょうか。金曜日に飲みすぎてしまい、さらに昨日も飲みすぎてしまい、完全に体調がどうかしてしまいました。朝からダルイ感じです。

米国株の最低取引手数料がどこも0円に!

先日、米国株式に手を出そうと宣言して、その理由が最低取引手数料の引き下げが一つの要因とご紹介しましたが、その後、各社の手数料引き下げ競争が激化したようで、楽天証券、SBI証券、マネックス証券のどこも最低取引手数料が0円になっていました。

これぞ資本主義社会の競争原理が働いた結果ということでしょうか。得をするのは投資家であるこちら側なので、全く問題ないのですが。正直なところ、条件が一緒となるとどこが良いか迷ってしまいますね。もっと言うと、最低取引手数料が0円になっても0.01$になってもあまり変わらないので、できれば取引手数料を引き下げてほしいものですね。

【米国株式取引】 手数料各社比較表(2019年7月22日以降。税抜き表示)

楽天証券 SBI証券 マネックス証券
最低取引手数料 0米ドル 0米ドル 0米ドル
取引手数料 約定金額×0.45% 約定金額×0.45% 約定金額×0.45%
最高取引手数料 20米ドル 20米ドル 20米ドル

どこを使えばいいのか?

こうなるとどこを利用すればよいか、迷ってしまいますね。

楽天証券はメインで利用しているし、SBI証券は単元未満株で利用しているところです。

結果を見やすくするには唯一利用していなかったマネックス証券かなとうっすら思っていましたが、マネックス証券だと来年の1月まで、買い付け時の為替手数料が無料になるとの事で、マネックス証券に決めようかと思います。短絡的ですね・・・。

さいごに

ということで、今回は「3大ネット証券の米国株取引の最低取引手数料が撤廃に」という、びっくりなニュースでした。数日で結構変わるものですね。

クリック株365ならマネックス証券