スワップキャリートレードの実績をご紹介(2020年5月30日)

こんにちは、kanatoです。

さて、今回はスワップキャリートレードの実績をご紹介したいと思います。それにしても、なんだかひどいものですね。

FX取引ならヒロセ通商へ

現在の状況(2020年5月30日)

現在の状況はこんな感じです。ポジションが追加されています。

口座状況

資金の追加は特にありませんが、どれも今回のコロナショックで含み損を持っています。ただし、少し戻してきましたね。ここからの展開にもよりますが、しばらくは現状維持だと思っています。ただ、ZARJPYが回復してきてくれているのが救いですね。あと、今回ちょっと驚きましたが、最近はトルコリラ円のスワップがマイナスになっているんですね。気付いてよかったです。

通貨ペア 業者名 口座残高 含み損益 有効証拠金
ZARJPY(ランド円自分年金戦略) Forex.com Japan ¥1,017,660 ¥-631,103 ¥386,557
ZARJPY SBI FXトレード ¥95,954 ¥-364 ¥95,590
MXNJPY ヒロセ通商 ¥200,000 ¥-28,710 ¥171,290
TRYJPY マネーパートナーズ ¥200,000 ¥-43,279 ¥156,721

ポジション状況

ポジションの方は前回から変わりありません。ただ、マネーパートナーズのTRYJPYの買いスワップがマイナスになっているので、次回はポジションに変化があるはずです。

通貨ペア 業者名 ポジション
ZARJPY(ランド円自分年金戦略) Forex.com Japan 2.31ロット
ZARJPY SBI FXトレード 20000通貨単位
MXNJPY ヒロセ通商 4ロット(40000通貨単位)
TRYJPY マネーパートナーズ 20000通貨単位(nano口座)

今年の推移

スワップキャリートレードの推移表です。

なかなかにひどい状況ですが、少し回復はしてきましたので、幾分か気持ちが楽になっています。後はトルコリラをどうにかしないとですね。

マネーパートナーズ

FOREX.com Japanのマイナススワップについて

やっぱりプラススワップだったり、マイナススワップだったりします。あまり規則性がわかりませんが、大きな損失にもなっていないので、もう少し継続していきたいと思います。

さいごに

ということで、今回はスワップキャリートレードの実績をご紹介しました。

ちょっと成績が改善してきて、一安心です。ただ、今回はトルコリラのロングがマイナススワップになっていることに驚いてしまいました。金利差は十分にあるはずなのですが・・・もう、トルコリラのスワップ狙いはダメなのかもしれませんね。