今年の投資方針2020:(7)スワップキャリートレード

2020年1月22日

こんばんは、kanatoです。

今回も「今年の投資方針2020」として、スワップキャリートレードの方針をご紹介したいと思います。

FX取引ならヒロセ通商へ

スワップキャリートレード

スワップキャリートレードですが、ランド円自分年金戦略がコンセプトが同じになりますので、併せて考えていきたいと思います。

現状(2020年1月13日現在)

現在の状況はこんな感じでした。ランド円自分年金戦略については含み損を抱えていますが、他の口座についてはそこそこの含み益が出ています。ポジションの大きさについてもあまり攻めた取り方はしておらず、かなりの暴落でも問題ない状況だと思います。

  • 口座状況
通貨ペア 業者名 口座残高 含み損益 有効証拠金
ZARJPY(ランド円自分年金戦略) Forex.com Japan ¥875,428 -¥282,551 ¥592,877
ZARJPY SBI FXトレード ¥95,954 ¥11,177 ¥107,131
MXNJPY ヒロセ通商 ¥100,000 ¥7,218 ¥107,218
TRYJPY マネーパートナーズ ¥100,000 ¥8,841 ¥108,841
  • ポジション状況
通貨ペア 業者名 ポジション
ZARJPY(ランド円自分年金戦略) Forex.com Japan 2.28ロット(228000通貨単位)
ZARJPY SBI FXトレード 5000通貨単位
MXNJPY ヒロセ通商 2ロット(10000通貨単位)
TRYJPY マネーパートナーズ 10000通貨単位(nano口座)

マネーパートナーズ

今年の方針

今後の方針ですが、次の通り考えています。目標は年間で大体5%くらいの利益を見込みたいと思います。

ランド円自分年金戦略

ランド円自分年金戦略については少し資金を追加していこうと思います。口座残高を合計100万円程度にして、EAの設定を合計ポジション9→19に変更して運用したいと思います。また、下限は0にして理論上ロスカットがない運用にしていこうと思います。

その他のスワップキャリートレード

それぞれについて10万円ずつ追加して、口座残高20万円の運用にしていきたいと思います。ポジションはこれまでと同じような割合で進めていこうと思います。

また、それに加えて、もう少しスワップレートの良い業者の調査をして、より良いスワップの業者が見つかれば、10万円程度からおためししてみたいと思います。

最後に

ということで、今回は「今年の投資方針2020」ということで、ランド円自分年金戦略とスワップキャリートレードについてご紹介しました。

時間を書ければ、負ける可能性はほとんどない手法ではありますが、やはり時間がかかるのと今後の展開がやはり気になります。おそらくないとは思いますが、含み損を抱えたまま、通貨ペア廃止で強制決済なんてことになると目も当てられません。まあ、こんなことになれば、それこそFXという仕組み自体が大きな変化を迎えることになって、他の投資も普通ではなくなるのでしょうが・・・あまり考えなくていいところかもしれませんね。

FOREX.com 口座開設