今年の投資方針2020:(6)ソーシャルレンディング

2020年1月22日

こんにちは、kanatoです。

今回は「今年の投資方針2020」のソーシャルレンディングについて、ご紹介していきたいと思います。

ソーシャルレンディング

現在の状況(2020年1月11日現在)

現在運用中の業者はOwnersBookとクラウドクレジットの2社になってしまいました。投下資金も合計で65万円くらいになっています。

一時期は資産構築の柱にしようと思っていたのですが、色々とやられてしまいましたので・・・。

ただ、クラウドクレジットは実は初期資金は20万円からここまで増えていますので、ちょっとびっくりですよね。

業者名 口座残高 運用中残高 合計
OwnersBook ¥16,121 ¥310,000 ¥326,121
クラウドクレジット ¥2,810 ¥344,165 ¥346,975

クラウドクレジット

今年の方針

ソーシャルレンディングの今年の方針ですが、資産構築の柱の一つとして育てていくために追加投資を積極的にしていきたいと思います。とはいえ、条件の良い案件はクリック合戦の末に瞬間蒸発してしまうんですよね。

  • 今年のうちに合計で150~200万円くらいにするために追加資金を投入する。
  • 貸付先情報が明示されている案件に投資する。
  • リスク分散のため、1~3業者程度を追加する。
  • このカテゴリーで大体5%くらいの利益を見込みたい。

OwnersBook

最後に

ということで、今回は「今年の投資方針2020」ということで、ソーシャルレンディングの投資方針をご紹介しました。

一時期はFXよりも積極的に投資していたと思いますが、みんクレやラッキーバンク等でいろいろとやられてしまいましたので、ほとんど手を付けていませんでした。しかし、投資先の匿名性解除等、よい方へ変化してきていますので、これからの成長に期待したいと思います。

それにしても、先日のみんクレ元社長の記事はなんとも言えない気持ちでした。自分のことだけ主張して、他人への責任はとならないというなんとも無責任な姿に見えましたが、どうなのでしょうか?