【FX投資】FX業者のレバレッジは高ければ高いほどいい!っと思う。

   

こんばんは、kanatoです。

本日は昼間っからワインをいただいており、いい気分になってきています。そろそろ体内のアルコールが分解できなくなってくる頃かと・・・

さて、酔った勢いに乗せて、FX投資について少し語ってみたいと思います。

テーマは「レバレッジ」です。

ハイレバレッジは悪なのか?

国内FX業者においては、投資家保護という名目の下、レバレッジは25倍に規制されています。昔は国内の業者でも100倍や200倍なんて業者はざらだったと聞いていますが、おそらくハイレバレッジにかこつけてギャンブルトレードをされた方々が金融当局にいろいろと訴えて、こんな変な規制を敷くことになったんだと推測します。(私自身、25倍にっ規制されてからFXを始めたので、詳しくはわかりませんが・・・)

逆に海外のFX業者さんでは今でも200倍や500倍、中には1000倍なんていう業者さんもざらにあります。この差はなんなのでしょうか?

勝手な推測ですが、金融リテラシーの差なのかなと思います。また、日本は投資家に対して過保護すぎるので、やむなくこんな感じになっているのではないでしょうか。

ただ、結局のところはレバレッジが25倍でも1000倍でも自分のトレード方法や許容できるロット数などを考慮することが必要です。自身が期待する利益、それに対する許容できる損失、トレード方法の期待値など、色々な面を考慮することで、エントリーのロットや利確、損切ラインが決まってきます。

逆にFX業者のレバレッジ規制は投資家保護になると考えられていますが、そのせいで含み損に耐えられる幅が減ったり、複数のトレード手法での分散によるリスク低減も取れません。初心者トレーダーのギャンブルトレードに対しては少しは保護になるかもしれませんが、きちんとした投資家に対してはレバレッジ規制は足枷にしかなっていないと考えています。そのため、海外のFX業者を使う方が後を絶たず、ある一定数のトラブルが後に立たないのではないでしょうか。私も出金拒否は何度も経験しています・・・。

そんなわけで、FX業者のローレバレッジは取引の幅を狭くする、言い換えれば自由を奪うことで投資家保護とは名ばかりの規制だと考えています。

私は正直なところ、FX業者のハイレバレッジは悪とは思いません。むしろ、サービスの在り方としては「正義」といってもいいのではないでしょうか。

大切なのは実行レバレッジ

実際に大事なのは実行レバレッジだと思います。実行レバレッジとは自身の口座残高に対するトレードの大きさです。この言葉を知らない方が私の身の回りには結構多いです。

25倍のレバレッジなら、いつも25倍でトレードするしかないとでもいうのでしょうか。そんなことはないですし、それをやってしまうとそれこそギャンブルトレードですね。すぐに強制ロスカットです。

また、システムトレードをする上ではリスク分散でいくつかのシステムを動かすことが多いと思いますので、実行レバレッジ自体はそれなりに大きくなっても、比較的許容できるのではないかと思います。そうはいっても、口座残高の500倍でトレードなんていうのは論外かもしれませんが・・・。その手法に合った適切なロット管理をしましょう。

ちなみに私がFX業者を見るときはレバレッジと同時に強制ロスカットになる証拠金維持率も見ています。レバレッジがトレードできる容量だとすれば、強制ロスカットの証拠金維持率は含み損に耐えられる容量です。一つのポジションを長期で保有する場合はここはかなり重要ですね。例えば、スワップ金利狙いのキャリートレードとかをする場合は重要なファクターになると思います。

さいごに

ということで、レバレッジについて、思うところを酔った勢いで書いてみました。

つまり、何が言いたいかというと国内のレバレッジ規制を撤廃してほしい!!!です。法人口座も100倍が一杯いっぱいみたいですし、それなら少しリスクがあっても自由度の高い海外を使おうかな・・・ってなってしまいます。

海外口座がメインの私ですが、国内のレバレッジ規制がなくなれば、やっぱり国内を使いますよ。安心ですからね。

 - FX投資