暗号資産の実績をご紹介(2020年07月26日)

こんばんは、kanatoです。

今回は仮想通貨の現状をご紹介します。

現在の状況(2020年07月26日)

現在の状況はこんな感じです。前回の時は350万円くらいだったので、50万円くらい上昇しています。ポートフォリオ自体はほとんど変わっていません。

今年の推移

今年の推移はCoinStatsのチャートで確認しています。

コロナショックでガツンと下がりましたが、そこからは回復基調で、ようやくここまで来たといった感じです。ビットコインは半減期を過ぎて100万円を挟んで上下していますね。このあたりで安定してきた感じでしょうか。ここから伸びていってくれるといいのですが…。

また、ここに来て草コインがまた上昇してきていますね。XPが一時含み益1000万円近くまで上昇したときは嬉しい意味で焦りましたが、1日位で戻りましたね。ただ、そこまで上昇できる力があるということが示されたのではないでしょうか。逆にXPCの方は色々とゴタゴタしているようですね。

今後の方針

ポートフォリオはこのままです。今は正直触るのがちょっと怖い感じがしています。以前の水準に回復するにはもう少し時間がかかりそうですが、このままホールドですね。

また、有望そうな草コインがあれば、少し買ってもよいかと思ってはいるものの、やっぱり草コインだとXP、XPCになってしまうような気がします。ちなみにXPCってすでに立ち上げの日本メンバーはほとんどいないんですよね…。なんだか2017年末の盛り上がりが懐かしいです。むしろ、今はXPの方が望みが持てる感じなので、XPの方に帰ってきてくれないですかね。

なお、ビットコインの積み立てについては別でご紹介します。

最後に

ということで、今回は仮想通貨の現状をご紹介しました。

暗号資産の界隈も色々と再編が進んでいるようですね。フィアットがデジタル化を検討されるということで、匿名通貨はほぼ淘汰されるようですし。これからどうなっていくのか。楽しみでもあり、不安でもあります。