2022年の投資信託(2022年9月25日現在)

2022年10月1日

こんばんは、kanatoです。

今回は2022年9月現在の投資信託への投資についてご紹介したいと思います。

2022年の投資信託について

ほぼオートモードで投資信託の積立を継続しています。

ラインナップは変わりません。楽天証券のNISAは4つの投資信託(ひふみプラス、楽天資産形成ファンド、楽天みらいファンド、楽天全世界株式インデックス)に分割して投資しています。

今年はボーナス月の増額をなくしたて、フラットに12ヶ月同じ額を積み立てています。月間19万円ですので、給料の半分以上はこちらに飛んでいく計算ですね・・・。

また、これだけ積立していると資産の偏りが出てきたり、ファンドによって好不調ありますので、一部は利益確定も考えています。特に今年はアクティブファンドが結構厳しいようなので、ひふみプラスや楽天みらいなんかは損失確定させて、相殺するように別のファンドを利益確定しようかと思っています。

投資信託の現状

現在の投資信託の資産推移です。年初からは100万円くらい下がってしまいました。やはり、昨今の利上げなどの影響を受けているのか、アクティブ系のファンドは振るわないですね。まあ、今の地合いを考えるとこんなものだと思っています。ここはそんなに考察するところがなくて、粛々と、コツコツと積み立てていくのみです。

今後の予定

今後の予定ですが、あまり予定していることってないんですよね。積立はすべて自動積立ですので、放っておいても積み立ててくれるのです。ずぼらな私にはありがたいことですね。

ただ、積立して銘柄については見直しがひつようかもしれません。以前はひふみプラスはすごく調子が良かったのですが、最近は振るわないですし、楽天みらいも同じです。やはり、NISAの積立は安定しているインデックスのほうが良いのかもしれませんね。

最後に

ということで、今回は投資信託の投資状況についてご紹介しました。毎月自動で積み立てられるので、他にすることがないのは良いですね。ただ、いつの間にか大変になっていることも想定できるので、定期的なチェックは必要かもしれません。