スワップキャリートレードを始めてみました。今更ですが・・・

こんばんは、kanatoです。

週末いかがお過ごしでしょうか。明日は参院選ですね。どこに投票するか悩みますが、有権者の権利ですので、ちゃんと投票してきたいと思います。それにしても、この動画は結構衝撃的でしたね。ちょっとあおり方が古い気もしますが、言ってることは真実かなと思いました。

スワップキャリートレードを始めてみました。

さて、唐突なのですが、スワップ狙いのキャリートレードを始めてみました。まずは少額からスタートですが、国内のFX業者を利用して、低レバレッジで長期運用をしていきたいと思います。ちなみに現在の陣容はこんな感じです。

FX業者通貨ペア資金現在のポジション
ヒロセ通商MXNJPY¥100,0001ロット(10000通貨単位)
マネーパートナーズTRYJPY¥100,0005000通貨単位(nano口座)
SBI FXトレードZARJPY¥100,0005000通貨単位

できるだけスワップが大きくなるところを選んでいます。ただ、SBI FXトレードだけはすでにZARJPYのポジションを持っていたので、それを継続利用しています。珍しく国内業者を選定した理由ですが、そこそこ額が大きくなる可能性があるので、信用リスクをできるだけ取り除くためです。どんなに信頼の高い海外FX業者でも国内業者の安心感には勝てませんよね。

通貨ペアは見事に新興国通貨に偏っていますが、スワップレートを考えるとしょうがないのかと思っています。その分値動きが激しいので、ポジション量はきちんと調製しないといけないですね。方針としては実効レバレッジが2倍くらいになるようにポジションを調製しようと思っています。時期とレートを見ながらポジションを追加していきます。

それにしても、最近のAUドル、NZドルは以前のようにスワップ狙いができる通貨ではなくなったんですね。現在の政策金利は1.25~1.50%くらいですし、スワップだけ見ると米ドルの方がよさそうです。(逆に米国も2.5%まで上がってたんですね。次は利下げとか言ってた気がしますが・・・)

最後に

ということで、スワップ狙いのキャリートレードを始めてみました。

以前は豪ドル、NZドルで一世を風靡し、少し前にはトルコリラなどで吹っ飛ばされた手法といったイメージですが、レバレッジ1倍だと外貨預金と同じですし、銀行に預けているよりだいぶお得です。ちょっとリスクを取りますが、さすがに通貨の価値が半分になることは考えにくいのではないでしょうか。もしそうなるにしても、少し時間はかかるでしょうし、追加入金などで対応していきたいと思っています。

マネーパートナーズ

FX取引ならヒロセ通商へ