今、NFTが盛り上がってるけど大丈夫?

こんばんは、kanatoです。

最近よく「NFTが面白い」とか「NFTが盛り上がっている」というお話を聞くので、少々参戦してみましたが、なんか微妙にもやもやした感じがしたので、その原因を考えていきたいと思います。ちなみに私は専門家でもなんでもありませんのであしからず・・・。

今盛り上がっているNFTとは?

NFTは「Non-Fungible Token」の略で、日本語に訳すと「非代替性トークン」と言うそうです。同じものがない、識別されたトークンということで、シリアル番号付きの電子データだと認識しています。最近はそれに可愛い絵などが紐付けられて、OpenSeaなどのプラットフォームで売買されているようです。ETHで取引されていて、安いものでも数千円~数万円、高いものだと数百万円から数千万円にもなるようです。言ってしまえばただの電子データにです。

このNFTを買う目的は?

現時点では、正直なところ、なにかの特典があるわけでもないと思います。あえて、使い所というとTwitterのアイコンにするくらいでしょうか。

あとは純粋に投機目的くらいかと思います。最近のNFTの値上がりの仕方を見るとなにか異常なものを感じますね。

一部の方々はNFTのクリエイターさんの絵柄や思想に惚れ込んで買うとか、応援目的で買っている方もいるようです。もしかするとこれが一番正しい姿なのかもしれませんね。

あとは、他のひとが欲しがっているから買うといった感じでしょうか。これだとちょっと微妙な感じがしてしまいます。自己承認欲求を満たしたいという願望だけで買っていることになりますね。

このNFTの盛り上がりの違和感はどこから来ているのか?

あくまで、私個人の話ですが、やはりこの盛り上がり感には少々異常な印象を受けてしまいます。

言うなれば、上手い下手は置いておいて素人さん(中にはプロの方もいらっしゃるのだと思いますが・・・)の絵が数十万円で売買されるなんてことはやはり少し異様な感じがします。こんなことは今までなかった・・・というのは理由にはならないですが、Twitterのアイコンにできるだけで数十万円はあまりにもリターンが少なすぎるのではないでしょうか?

ファンの方がクリエイターを応援するために買うということであれば、納得できるかなと思ったのですが、それなら普通にクリエイターさんにお金を払って、オリジナルの絵でも書いてもらえば良いのではないかと思います。

投機目的ということであれば、今人が多く流入している状況だとチャンスがあるということですね。これはまあお好きにやってください。といったところでしょうか。ただ、ファンの方が好きなクリエイターさんのNFTを安価に購入できなくなるデメリットはあります。いわゆる転売ヤーのような状況ですね。違法というわけではないのですが、これってほんとにあるべき姿なのでしょうか?

NFTは二次流通でもクリエイターにお金が入るらしい

あと、ちょっと気になったのが、クリエイターさんは作品のNFTをリリースする際に売買代金の任意の%をいただくことができるようです。これは転売されればされるほどクリエイターさんの継続的な利益になるということですね。

この仕組自体は良いのではないかと思いますが、このために転売を煽る方々がいらっしゃるような気がして、ここも違和感の原因のような気がしています。クリエイターさんの作品を買ったファンの方(投機目的の方は)は好きだから、持っておきたいから買ったわけですよね?それを手放すことがクリエイター支援になるということはなにか変な感じがしませんか?

最後に

なんだかうまく考えがまとまらなかったのですが、なんとなく違和感があることはわかっていただけたでしょうか。この現象がこれまでの常識と違うから違和感と感じているだけなら良いのですが・・・。変に煽りが入っていたりして、熱狂している方々多いように感じます。

言ってみればただのJPEGやGIFに数十万、数百万円の価値がつくのって大丈夫かなと思ってしまいます。ちょっと価値観が急にシフトしすぎていて、そのうち大きなショック(NFTショック)が来て、暗号資産業界全体を凍らせてしまわないかなとちょっと心配です。

暗号通貨

Posted by kanato