暗号資産の実績をご紹介(2020年1月31日)

こんばんは、kanatoです。

やっぱり新型コロナウイルス肺炎の影響が色濃く出ていますね。そんな中で中国のWHOへの圧力疑惑とか、日本の国会はこんな時でも「桜が~」ですし、なんだかなぁ・・・と思います。

さて、こんな中ですが、というかこんなときなので、仮想通貨が上昇していますね。

現在の状況(2020年1月31日)

現在はこんな感じです。ここ最近は徐々に盛り返していますね。もしかすると来月中には400万円くらいにはなるかもしれません。

とりあえずポートフォリオはこのままなんですが、もう少し何か変化を持たせたいと思ってしまうこともあります。今年は暗号資産は結構上昇するのではないかとにらんでいるので、ビットコインの積立でも始めようかな・・・。

今年の推移

今年の推移を・・・と思ったのですが、CoinStatsは優秀ですね。きちんと今年の推移を示してくれています。まあ、いい感じで上昇基調ですね。このままいってほしいものです。

最後に

ということで、今回は仮想通貨の現状をご紹介しました。

こんな時に上昇するなんて、やはり金や銀みたいな扱いになっていくんでしょうか。ビットコインは一時期「デジタルゴールド」とか言われていましたよね。通貨としては送金速度の速い暗号通貨が担って、その価値の担保をビットコインが担う、といった役割分担です。何か現実になりそうですよね。