私の資産状況について(2019.12.22)

おはようございます、kanatoです。

今年も残り10日を切ってきましたね。2019年もいろいろありました。皆様はいかがでしょうか。

仕事もあと1週間、もしかするとすでにお休みに入られている方もいらっしゃるかも・・・?

ということで、現在の資産構築状況のご紹介です。

資産構築状況(2019年12月22日時点)

今回は本日(2019年12月22日時点)の資産構築状況をご紹介します。

現状の資産状況、資産構成はこんな感じです。前週と比較するとこんな感じです。

  • 現金⇒株式に少し資金移動。
  • 投資活動はほとんど止めているような状態なので、大きな変化は無し。

次に推移表です。

もちろん、一週間では大きな差異は見えないと思います。若干資金移動があっただけで、前週からあまり違いはありません。資産総額も少し減っていますが、ほとんど誤差といってよいくらいです。あまり面白みはないですね。

あと、これからやること/やらないことを備忘録的にまとめます。前回からあまり変わらないという・・・。ちなみに今年も確定申告のお知らせのハガキがやってきました。

  • 年内の資金移動はしない予定。
  • ボーナス分や海外FX口座出金分について、来年からの投資先やその他の用途を検討する。
  • FXautomaterのEAを早くバックテストする。
  • 三井住友カードのワールドプレゼントポイントが、来年3月くらいに失効なので、何かに使っておかないと。
  • 投資結果のまとめと節税対策。

投資案件のご紹介(WhiskyInvestDirect)

今回も私が投資している投資案件から一つを簡単にご紹介したいと思います。

今回はウイスキー関連投資のWhiskyInvestDirectです。

WhiskyInvestDirectWhiskyInvestDirectはウィスキー業界で25年の経験を持つルーパート・パトリック氏と、オンラインビジネスの知識を十分に持つ、金現物投資サービスをオンラインで提供する「ブリオンボールト」の親会社Galmarley Ltdが共に立ち上げたサービスです。CEOのルーパート氏はあの「ジムビーム」で有名な米国ビーム社(現在はビーム サントリー)や「ジョニー・ウォーカー」で有名なディマジオ社で、新興国市場のディレクターや責任者を歴任された、経験豊富な方だそうです。

ウイスキーというのはあまり外に出ることのないクローズな状態で売買されてきたようですが、このサービスが出ることで、普通の人にも門戸が開かれることになりました。サービス開始からしばらくたち、現在は安定してきた感じがしています。当初のうたい文句の年率8%には少し届きませんが、ある程度の数字も出ていますので、ポートフォリオの一つに組み込むには良い投資商品だと思っています。

特にウイスキー好きの方にはおススメの投資案件です。

WhiskyInvestDirect