海外FXキャッシュバックサイト比較

2016年6月11日

キャッシュバック率の比較

今回は各キャッシュバックサイトにおける,主要FXブローカーのキャッシュバック率を比較してみました.

なお,数値はすべてpipsで表記しています.

キャッシュバック
サイト
TITAN FXLAND FXMYFX
Markets
FXDDGEM
FOREX
XM
PremiumTrading_Banner_160-600.800.80
0.320.380.300.750.500.60
CashBackForex_Banner_120x60 –0.300.700.50
FXRoyalCashBack_Banner_160x500.320.380.300.65
FXCashBackVictory_Banner_160x570.380.310.760.65

FXDDやXMなどの老舗ブローカーはPremiumTradingが最も高い結果となりました.
MYFXMarketsは0.30pipsの所が多いですが,CASHBACK-Victoryだけ少し高いですね.そのほかはほとんど同じです.
また,GEMFOREXはFinalCashBackでしか取り扱っていませんでした.

これらのFXブローカーは一例ですが,使用するFXブローカーに対して有利なキャッシュバック率のサイトを選びたいですね.

 

基本情報の比較

次にキャッシュバックサイトの設立年やキャッシュバック通貨などを見てみましょう.

キャッシュバック
サイト
設立年情報更新時期通貨最低出金額
PremiumTrading_Banner_160-602011年翌月10日 米ドル50~500ドル以上
(出金方法による)
2011年 翌月25日 日本円 5000円以上
CashBackForex_Banner_120x602008年 翌月10日 米ドル 1~200ドル以上
(出金方法による)
FXRoyalCashBack_Banner_160x502013年翌月25日 日本円  5000円以上
FXCashBackVictory_Banner_160x572013年 翌月末日本円  5000円以上 

CashBackForexは2008年設立と断トツで運営期間が長いですね.

また,キャッシュバックの通貨は結構重要だと思います.
その時の為替レートにも左右されてしまいますし,米ドルだとさらに為替手数料が取られることもあります.
この辺りも押さえておきたいポイントですね.

 

出金手数料の比較

キャッシュバック
サイト
銀行振込PayPalNetellerSkrillCreditcard
VISA/Master
PremiumTrading_Banner_160-6050ドル4.4%
+0.3ドル
0%1%1.98%
500円3.6%
+40円
CashBackForex_Banner_120x6040ドル0%0%0%
FXRoyalCashBack_Banner_160x50500円
FXCashBackVictory_Banner_160x57500円0% – –  

基本は銀行振込ですが,日本円のキャッシュバックサイトは500円程度の手数料なのに対して米ドルでのキャッシュバックサイトはその10倍近く取られることになります.

しかし,米ドルでのキャッシュバックサイトだと手数料のかからないPayPalやNetellerなどの出金方法が用意されているので,あまりデメリットにはならないと思います.

 

今回のまとめ

・キャッシュバックサイトによって取り扱いブローカーやキャッシュバック率が異なる.
・キャッシュバックサイトによって,キャッシュバック通貨や出金方法が異なる.

 

ちなみに私はキャッシュバック率が高いサイトを選ぶことはもちろんですが,トレード口座の通貨が米ドルの場合,あえて米ドルでのキャッシュバックサイトを利用しています.
目的はキャッシュバックをNetteler経由で口座に入金するためですが,案外これはおすすめです.

以上,今回は各キャッシュバックサイトを比較してみました.

次はキャッシュバックサイトを利用する上での注意点を見ていきたいと思います.