2022年の米国株投資(2022年9月25日現在)

2022年10月1日

こんばんは、kanatoです。

今回は米国株投資について、ご紹介したいと思います。

2022年の米国株投資

2022年の米国株投資は次のような方針で実施したいと思います。

  • 昨年からの手法を引き継いで実施するが、毎月の積立は実施しない。⇨保留中。ほったらかしとも言う。
  • 配当は原則再投資。そのときに一番資産価格の低い銘柄に一括投入⇨配当の再投資は実施中。
  • できるだけ売却はせず、ショートした資金には配当を当てる。⇨売却はしていません。
  • Kyndrilはどこかのタイミングで売却する。⇨微妙・・・。
  • 全体の構成バランスが崩れて100万円以上を一括で追加投資ができる場合はGAFAMなどで新しいセットを構築する。⇨エクソンモービルが中々上昇してくれています。が、まだですね。

米国株投資の現状

現時点での米国株投資の現状はこのとおりです。

エクソンモービルが突出して比率が高くなっています。マイナスは3MとVerizonの2社です。全体でみると円安の影響もあって、円建てだと大きな利益が出ていますが、ドル建てにすると結構マイナスになってしまいました。やっぱり今の地合いだとちょっと厳しいですね。ちなみに配当が徐々に入ってきていますので、Verizonを細々と買い足しています。

今後の予定

今後の予定ですが、円安ですし追加投資なしで、配当金で評価額の低い銘柄を買っていくだけにする予定です。

最後に

ということで、今回は米国株投資についてご紹介しました。

米国株もかなり下がっているようですが、私が保有している連続増配株はある程度安定しているようです。ドル建てだとやっぱり下落はしていますが、その幅は比較的小さいと思います。