【SCT】スワップキャリートレードはどれくらい儲かるのか?

こんばんは、kanatoです。

今日は病院に行ったのですが、少し前に予約していたはずなのに、学会参加のためお休みとの事・・・。

電話も特になかったみたいですし、どうなっているんでしょうか。まあ、別に悪くなっているわけでもないですし、いいんですけど・・・。

帰りにファミマでヤケ買いをして帰りました。初めてファミペイを使って、初めてファミマカフェしました。公共料金も支払えていいですね。ファミマペイ。

スワップキャリートレードを1週間ほったらかしてみて

先日ご紹介したスワップキャリートレードですが、1週間分のスワップをいただくことができたと思いますので、確認してみたいと思います。

スワップキャリートレードの状況

現在、3つの口座でそれぞれMXNJPY、TRYJPY、ZARJPYのキャリートレードを実施しています。前回からはポジション量などに変更はありません。

FX業者通貨ペア資金現在のポジション
ヒロセ通商MXNJPY¥100,0002ロット(20000通貨単位)
マネーパートナーズTRYJPY¥100,00010000通貨単位(nano口座)
SBI FXトレードZARJPY¥100,0005000通貨単位

MXNJPY(ヒロセ通商)

ポジション損益は置いておいて、スワップだけ見てみたいと思います。

1ロットで1週間分で90円でした。1ロット当たり約13円/Dayくらいのスワップ金利が貰えた計算になります。

これを年間に直すと13×365=4,745円/年の収益になります。10万円投資して、元本毀損がないと仮定すると年利4.7%程度になります。

逆に元本が全損になると仮定すると、損失補てんまで100,000円÷4,745=21年かかる計算になりました。

FX取引ならヒロセ通商へ

TRYJPY(マネーパートナーズ)

こちらもMXNJPYと同様の計算をしていきたいと思います。

1ロットで1週間分で570円でした。1ロット当たり約81円/Dayくらいのスワップ金利が貰えた計算になります。

これを年間に直すと13×365=29,565円/年の収益になります。10万円投資して、元本毀損がないと仮定すると年利30%程度になります。

逆に元本が全損になると仮定すると、損失補てんまで100,000円÷29,565=3.4年かかる計算になりました。

マネーパートナーズ

ZARJPY(SBI FXトレード)

0.5ロットで1週間分で40円でした。1ロット当たり約11円/Dayくらいのスワップ金利が貰えた計算になります。

これを年間に直すと11×365=4,015円/年の収益になります。10万円投資して、元本毀損がないと仮定すると年利4.0%程度になります。

逆に元本が全損になると仮定すると、損失補てんまで100,000円÷4,015=25年かかる計算になりました。

結局どうなのか?

計算結果をまとめるとこんな感じになりましたが、いかがでしょうか。

トルコリラの結果がよさそうに見えますが、最近は色々と波乱がありそうですし、安定はしていないので別のリスクがありそうです。

逆にメキシコペソなんかはある程度のレンジ相場が続いていますので、ロット数も少し上げられますし、狙い目かもしれません。

FX業者通貨ペア資金ロット数スワップ/年(年利)
ヒロセ通商MXNJPY¥100,0001ロット(10000通貨単位)4,745円(4.7%)
マネーパートナーズTRYJPY¥100,00010000通貨単(nano口座)29,565円(29.6%)
SBI FXトレードZARJPY¥100,00010000通貨単位4,015円(4.0%)

最後に

ということで、スワップキャリートレードが本当に儲かるのか?について、少し計算をしてみましたが、いかがでしょうか?多いでしょうか、少ないでしょうか?

個人的な感覚もあると思いますが、メキシコペソ、南アフリカランドはそこそこ、トルコリラは結構よいのではないかと思います。

ただ、値動きは注意が必要です。特にトルコリラは安定しないので、半分になったりといった可能性を考える必要があります。やっぱり大事なのは資金とロットのバランスですね。